ベトナム式の結婚式について

時間の流れに6月も近づくにつれ、「ジューンブライド」なんて言葉もあるように、世間では結婚式が増えてくるのではないでしょうか?

結婚式は国によって、民族によって礼儀が異なります。今回、ベトナムの結婚式を経験した日本人の話を通して、ベトナム式の結婚式の流れと立ち振る舞い方について紹介したいと思います。

 

招待状をもらう

結婚式は、「基本的には」招待制です。結婚式の1~2週間前に、当の新郎新婦から招待状をいただくことになります。必ずこの招待状をもって、式場に向かいます。
なお、招待状がない人が友達と一緒に参加しても、基本的に問題ありません。めでたいお祭りなので、少しでも多くの人が参加したらよいのではないかと思います。

 

開始時刻の数十分前に会場入りする

特にあなたが1人の場合は、早く行き過ぎないことをおすすめします。
招待状には「開場時刻」「開始時刻」の2つが書いてありますが、気合を入れて「開場時刻」に会場入りしても、会場には間違いなく誰もいません。

新郎新婦はもちろん、お手伝いの受付すらもいないかもしれません。
「誰々の結婚式会場はここですよね?」と聞くにも何と言ったらいいかわからず、招待状を再度見直すことになるのがオチです。

というわけで、「開場時刻」は無視して、「開始時刻」の2,30分前ぐらいに行くのが日本人としてちょうどよい塩梅です。(それでもまだ人はまばらだと思われますが。)
また、服装については、男性の場合、必ずしもスーツにネクタイである必要はありませんが、個人的には、ここでビシッとキメておくと周りとの違いが歴然となり、カッコ良いかと思っています。女性の場合は、普段はスッピンにジーパンにサンダル、とラフな格好の人であっても、ここぞとばかりに着飾って、皆で写真撮影大会が開かれる感じになるので、多少派手目なぐらいがちょうど良いかと思います。「自分が主役」ぐらいのスタンスで行くとよい感じです。

 

受付でお祝い金を納め、記帳する

招待状が入っていた封筒にご祝儀を同梱し、お祝い金BOXに投函します。この時、四つ葉のクローバーなどの可愛らしいフォームに自分のサインを書いて「記帳」することになります。
これがどう利用されているのか私は存じ上げないのですが、少なくとも、出欠の管理などは特にされていません。よって、主催側も基本的にどんぶり勘定で料理などの準備をしているらしいです。

 

記念撮影をする

開始30分前はまだ人もまばらなので、この時に記念撮影を済ませておきましょう。
プロのカメラマンっぽい人が非常に高そうなカメラでパシャパシャ撮影してくれるので、仕上がりがとても楽しみになります。が、いくら写りが良くてもあくまで新郎新婦が主役であることをお忘れなく。

 

着席し、式の開始を待つ

新郎新婦は来客対応で忙しくなるので、記念撮影が終わったら着席して、式が始まるのを待ちましょう。また、この時ビールが運ばれてくると思うので、一人でも遠慮なく飲み始めましょう。「あとで何か乾杯の音頭があるだろう」と思ったら大きな間違いです。乾杯の音頭は、ひとりひとりに委ねられているものであり、来た人から飲み始めてテンションを高めておくのがベトナム式です。

 

穏やかに式の進行を眺め、新郎新婦の幸せを願う。写真を撮る

式は基本的に定刻を過ぎてしばらくしてから始まります。
ベトナムで、定刻通りのイベント進行を期待するのは、これまた大きな間違いです。

式が始まると、壇上ではプロの(何故かだいたいは全然愛想のない「職人」という感じの)ベテラン奏者が音楽を披露し、さらにケーキ入刀やシャンパンタワーなどの結婚式らしい催しが行われ、会場は感動的な雰囲気に包まれます。一番のシャッターチャンスですので、自由に場所を移動して写真を撮ってください。
ちなみに、奏者もたまに遅刻してきます。経験上、ギターの人は遅刻率が高いです。

 

食事とビールをお楽しみください

ケーキ入刀とシャンパンタワーが終わると、あとはフリータイムとなります。壇上ではだいたい、ご親族の方の熱唱が始まったり、ご友人の方々が楽しく歌ったりしていて、新郎新婦はここから各テーブルをビール片手にひたすら回っていくことになります。

知らない人から乾杯を誘われることも多々ありますので、サラリーマンらしく、笑顔でYESマンになりましょう。トイレにも用を足しに行くことになると思いますが、ここでもしばしば、良い感じにできあがったおじさんがベトナム語でフレンドリーに話しかけてきますので、「アイアムジャパニーズ!」「オー!アジノモト!」とかいう中身の無い会話をしながら、笑顔で握手し、交流を深めてください。

何を喋ったらいいかわからない場合や、自分の話がスベった場合など、決まりの悪い場合には「ヨー」と言って乾杯を誘うと場が収まり、周りのベトナム人からの親近感もグッと増します。このノリは万国共通なんですね。また、一般的に、ベトナムにおいて、日本人は、その仕事の勤勉さが尊敬される一方、ユーモアや気前の良さの面であまり評価が高くないようですので、とにかく「陽気な楽しい日本人だな」と思ってもらえると、彼らに対して自分を強く印象づけることができるでしょう。

なお、新郎新婦の数々の美しい写真がスライドショーでスクリーンに映されていますが、これが式中にクローズアップされることは最後までありません。あくまで各自でお楽しみいただき、エピソードなどが気になる場合は直接、新郎新婦に聞いてみるとよいでしょう。

 

だいたい2時間ぐらいでみんなはけはじめます

式がいつ終わるのかというと、特に合図があるわけではなく、開始から2時間後ぐらいに、バラバラっと自然解散的に式は終わっていきます。が、これについては、実は私もよく覚えていません。締めの司会の言葉があったかもしれません。順調に飲み進めていると、式が終わる頃には気持ちよくなって、「こういう結婚式も、ありやな。」とか1人でつぶやいていることかと思います。

ベトナムの良さをなんとなく体感されたところで、あとは気をつけてお帰りください。
場合によって、カラオケに誘われることもあるかと思うので、その場合はぜひ参加して、生のベトナム語の歌を聞いてみたらよいと思います。

以上、本日ベトナムの一般的な結婚式について簡単にご紹介させていただきました。ベトナムでは54民族からなっているので、民族によって結婚式が違うと思います。皆様もぜひ、ベトナムの結婚式に実際に参加してみて、そのユルさと楽しさを体感していただければ幸いです。

きっと「なんかようわからんかったけど、アリやな。」と思われること間違いないかと思います!。

 

出典:http://www.lockon.co.jp/officialblog/member/10540/

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー

 

日本と比較すると、ベトナムでの食事マナーはあまり厳しくありませんが、全くないわけではありません。外国人が知らないでやってしまっても、それに対して怒る人も殆どおらず、恥をかくこともあまりないでしょう。でも、郷に入っては郷に従え、この地で長く生活しているのであれば、食事の習慣をきちんと知っておくのに越したことはありません。地方や家庭によって独自の習慣ももちろんありますが、ここでは基本的なマナーや習慣、レストランの食事で注意すべき点などについて紹介します。

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (1)

 

まずは、家庭、外食を問わず、知っておくとよい基本的なマナーについて紹介します。

 

お茶碗とソーサーはセット

ベトナムで少し改まった席で食事をするとき、テーブルにお茶碗とお皿が重ねて置かれています。このお皿はあくまでも「ソーサー(受け皿)」ですので、重ねた状態のまま使用し、骨や貝殻などが出たときに、このソーサーの上に置くようにします。但し、お茶碗にまだ別の料理が入っているけれど、他の料理を取り分けたいときには、このソーサーを料理皿として使っても問題ありません。
ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (2)

日本だと、骨などの食べかすが出たとき、家庭であれば元の料理皿のヘリなどに載せてしまうこともよくありますが、ベトナム人から見るととても汚らしく感じるようです。ベトナムでは床の下に落とすのが昔からのやり方ですが、今は家の床もきちんとしているので家ではやりませんし、外食でそのようなことをすると下品だと思う人が増えています。そのため、食べかすを出すためのお皿などが用意されていない場合には、テーブルの上に紙を敷いてその上に載せたり、紙がない場合はテーブルの上に直に置いたりしています。

 

丼に口をつけず、必ずスプーン使う

日本でベトナム料理が広まるにつれてあちこちで紹介されるようになったので、ご存知の方も多いかと思います。日本ではラーメンやお蕎麦を食べているとき、丼に口をつけてスープを飲むことは特に問題ありませんが、ベトナムでは男性であっても人前でやると非常に恥ずかしい行為のようです(誰も見ていなければやっている人もいますが)。フォーのお店で日本人がこれをやってしまい、店中の人がそっちに注目しているのを目撃したことがあります。必ずスプーンですくって飲むようにしましょう。日本では男性の場合、丼を持ち上げて食べる人がいますが、ベトナムでは置いたまま食べます。

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (3)

また、食事の際には、お箸またはフォークに必ずスプーンも一緒に用意します。麺料理やワンプレートランチの場合には、最初から利き手にお箸またはフォーク、反対の手にスプーンを持って食べます。家に誰かが食事に来たときも、スプーンもセットで用意しておくようにしましょう。

 

人に料理をとるときは、箸を裏返す

ベトナムでは、料理は大皿で出てくるので、各自が自分の茶碗に取り分けます。他の人が遠慮していたり、手が届かなかったりしたときに、取り分けてあげる機会があると思いますが、ごく親しい身内以外の人に取り分ける時は、箸の反対側を使います。但し、自分が食べるものについては直箸で大丈夫です。

 

ご飯はかきこむ

ベトナムのお米は日本のものとは違ってパサパサしているため、お箸で取り上げてもボロボロこぼれやすいこですし、白ご飯のままではなくおかずの汁やスープをかけて食べるため、お茶碗に口をつけてかき込むようにして食べます。

 

「二人箸」は問題なし

ベトナムで日本人がよくびっくりするのが、一緒に食べている人に「二人箸」を頼まれること。二人箸というのは、二人一緒に一つの食べ物を挟む行為のことで、日本ではお骨を拾うときの動作を連想させるためタブーとされていますが、ベトナムでは全く問題なし。日本のタブーとされている箸の使い方は、ベトナムでは殆ど問題とされません。一緒に食べている人が料理が長く繋がって切れずに困っている場合は、二人箸で助けてあげましょう。

 

食事・飲み会にまつわる習慣

次に、日本とはちょっと違う食事や飲み会での習慣について紹介します。

 

家庭では晩酌しない

日本では、家でご飯を食べながらビールを一杯、なんていうのも普通ですが、ベトナムでは日常的に家で飲む人は稀です。お酒はあくまでもみんなで集まった時に飲むものという考えがあるようです。夕食の時間が早いこともあって、家庭を持つ人は家で食事をしてから友達と飲みに行くというパターンが結構多いです。

 

乾杯は何度も、飲む前に必ず乾杯

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (4)

日本では乾杯は最初の1杯だけですが、ベトナムではグラスを口に運ぶたびに何度も乾杯します。逆に、乾杯もせずにグラスを一人で傾けるのは失礼。飲む前に形だけ周りの人に軽くグラスを合わせてから飲みます。

 

基本は手酌

日本では手酌させるのは失礼だと考えてしまいますが、ベトナムでは基本的に手酌。ビール瓶や缶の場合も、1本を複数のコップに分けるのではなく、1人1本頼むのが普通なので、大瓶はあまり普及していません。ハードリカーの場合は大瓶をみんなで分けて飲むので、他の人に注いであげることがありますが、相手のグラスを受け取って自分の手元で注いで渡したり、テーブルに置いたまま注ぐのが普通です。

 

狭い部屋でも大丈夫、ご飯は床に並べる

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (5)

ベトナムでは、家に親戚や友人を大勢招いて宴会をすることがよくあります。大部分の人がそれほど大きい家に住んでいるわけでもなく、普通の家に大きなテーブルやたくさんの椅子があるわけではないのにどうして?と思う人もいるかもしれませんが、ベトナム家庭の宴会では、テーブルや椅子は必要なし。床に料理を並べてしまいます。元々ベトナムではテーブルを使わず、大きなお盆などに載せた料理を床に置いて食べており、今でも田舎では最初から「食卓」がない家が多いです。

 

誘った人がおごる

ベトナムでは割り勘という習慣がほとんどなく、誘った人がおごるのが一般的です(但し、日本と同じく「今回は俺が払う」「いや俺が」的な押し問答があります)。つまり、みんなに奢るだけのお金がなかったら誘いませんし、誘われておごってもらったら、次は誘っておごり返すのが礼儀。但し、収入が少ない若い人たちの間や、同窓会といった集まりでは、割り勘にするのが一般的です。

 

お誕生日会はお誕生日の人がおごる

ベトナムではお誕生日のお祝いは、満1歳のときに盛大にするだけで、それ以降は祝わないのが普通。最近になって都市部では子供のお誕生日会を開くケースが増えてきました。そんなわけで、大人がお誕生日会をやるというのはどちらかというと、わいわい騒ぎたい口実のようなもの。だいたいお誕生日の人が言いだしっぺになり、招待してみんなにご馳走するということになっています。但し、ほかの人が言い出しても、結局お誕生日の人がご馳走することになりますので、ほかの人から「あなたのお誕生日会やろう!」と持ちかけられたら、お財布と相談を。そして、いつも人のお誕生日にばかり出席しているのではなく、きちんと自分のお誕生日に招待するのを忘れずに。

 

外食するときの常識

日本では外食のときに、当たり前のものとして享受している無料サービスが、ベトナムでは有料だったりしますので、注意が必要です。

 

おしぼり、お茶は有料

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (6)

日本では席に座れば無料で水、おしぼりが出てきますが、ベトナムでテーブルに置かれているおしぼりは有料で、だいたい2000VND(約11円)チャージされます。お金がかかるし、香料がきつかったりするので、最近はベトナム人でもウェットティッシュを持ち歩く人が増えてきました。

また、ベトナムではお水が無料で出されることは基本的にありませんので、お茶を注文します。これもだいたい1杯2000VNDから。お水を飲みたい場合はボトルウォーターを買うことになります。ただし、カフェなどの場合は頼んでいないのに、コーヒーなどと一緒にお茶が出てきますが、これは無料。食堂で最初からテーブルに備えつけられているポットに入ったお茶も無料です。

 

机の上のものは、食べた分だけチャージ

お店によっては、テーブルの上にバナナの葉に包まれた肉加工食品やお菓子が置いてあることがありますが、これは無料ではなく、食べた分だけ支払わなければなりませんので、注意しましょう。

 

テーブルにある紙でお箸やスプーンを拭く

ベトナムに旅行する時知っておくべき食事マナー (7)

お手拭とは違い、テーブルの上に置いてある紙(紙ナプキンやトイレットペーパー)は無料。口を拭くだけでなく、屋台や庶民的なお店の場合はお箸やスプーンがあまり清潔ではないと考えられますので、まずこの紙でお箸やスプーンを拭くのが一般的です。男子が女子と一緒に行った場合には、お箸やスプーンをとってあげるのはもちろんのこと、きちんと紙で拭いてから渡します。

 

支払いはテーブルで

日本では、支払いの際出口近くのレジに行くのが普通ですが、ベトナムではテーブルで会計を済ませます。これがなかなか便利なのですぐに慣れるのですが、逆に、日本に帰国したときにその調子で店員さんを呼んで恥ずかしい思いをすることも・・・。ベトナムでは、レシートの間違いがよくありますので、たくさん注文したときは料理や品数が合っているかどうか確認をしましょう。
ベトナムの食事マナーはあまり厳しくありませんが、南部より北部のほうが決まりごとが多いようで、テーブルに全員が着席してから、その席の最年長者が促してから箸をつけるといった習慣があるようです。ちなみに、ベトナムには「いただきます」に該当する言葉がなく、しいて言えば、招いた側や年長者が「Xin mời(シンモイ、どうぞ)」というのが食事のはじまりの挨拶になります。「ご馳走様」もありません。自分の住んでいる地域の食習慣にあわせながら、日本の食事の習慣との違いを教えてあげると、話がとても盛り上がりそうですね。

出典:http://life.viet-jo.com/howto/life/239