Batimex送り出し機関は4つ星評価に

 

Batimex送り出し機関はベトナム労働輸出協会(VAMAS)に信頼出来る送り出し機関として認証され、Coc-VNに基づき、4つ星にランクづけられました。

 

CoC-VNは海外へ労働者を派遣しているベトナム企業向けの行動規定であります。海外へ労働者派遣事業を実施しているベトナム企業はCoc-VNによる規定を守らなければなりません。Coc-VNの規定はベトナム国の法律、国際労働機関(ILO)の条約と勧告、その他に関連する国際基準とベトナムの慣行の規定に基づいています。Coc認証‐VNの 規定を遵守しているかの監視と評価により、ベトナム労働輸出協会は労働者派遣企業の結果をランキング形式で発表しています。

 

BATIMEXはベトナムにおける信頼出来る送り出し機関であると評価されました

 

BATIMEX送り出し機関がCoc認証―VNの規範を遵守することは国際基準を遵守、企業経営を促進し、またベトナム国の労働者への搾取、強制労働や人身売買などの危険からベトナム国民を守ることを積極的に取り組んいるという事でもあります。2019年にBatimexは広告、人材募集、人材育成、契約締結、問題の解決と自国労働者の支援活動など色々な分野で評価され、ベトナム労働傷病兵社会省、海外労働者管理省の検査官、労働者受け入れ国におけるベトナム人労働者管理委員会、マスメディア、出国前の労働者と帰国後の労働者から収集した情報に基づき、ランクキングづけされました。ベトナム輸出協会(VAMAS)の労働者派遣企業の行動規定(Coc-VN)の監察評価では、BATIMEX送り出し機関は89/100点を頂き、4つ星にランク付けされました。

 

Giáo dục thể chất tại trung tâm đào tạo Batimex

BATIMEX送り出し機関は技能実習生を全面的に教育しております。

 

実際に、日本で働く実習生を選抜する時、Batimexは日本での実習に向けて高い技術と能力を有し、将来の目標を定めている労働者を優先的に選出した後、労働者一人一人に適切な職種を斡旋することを重要視し実施しております。また信頼出来る日本企業様と監理団体様とのパートナー関係である弊社BATIMEX送り出し機関は、ベトナム人労働者が帰国するまでの間、専門知識や技術を身に付けられるよう彼らを支援し、トレーニングサポートすることを積極的に取り組んでいます。

 

BATIMEX送り出し機関の教育カリキュラムはこちらへ

 

本年(2020年)も引き続き日本のお客様とベトナム人労働者の信頼を受け、日本企業様・監理団体様と、ベトナム人労働者との堅固な架け橋として存続していけるように、技能実習生向け教育カリキュラムや技能実習生選抜プロセスの改善などを今後も怠りなく取り組んでいく所存ありますので、本年も引き続き何卒宜しくお願い致します。

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムの宗教

1. ベトナムの宗派構成

ベトナムの人口のうちおよそ73.2%が、無宗教です。ベトナム政府の調査によれば、無宗教以外の宗派構成は仏教(大乗仏教)12.2%、続いてカトリック6.8%。カオダイ(新興宗教)4.8%、プロテスタント1.5%、ホアハオ教1.4%、その他わずかなヒンドゥー教やイスラム教が存在します。

■ 仏教について

自分を「仏教徒」だとはっきり言える程、敬虔な信者は少なく、商売繁盛、安産祈願などの願掛けのためにお寺に出向く人が多く見られます。

ベトナムは歴史的に中国の多大な影響を受けており、ベトナムの仏教は、日本と同じくに大乗仏教・中国仏教ですが、道教・儒教などとも混交しています。

お寺によっては道教系の神様も祀られており、葬儀や法事などは儒教の儀式で行われるのが一般的です。

■ カトリックについて

16世紀に北部海岸地方で信仰が始まったカトリックは、フランス統治時代に全国に広まりました。

厳格な社会主義の時代には、カトリックは前統治国フランスの宗教であったことなどから弾圧の対象となっていましたが、ドイモイによる開放政策に加え、現政権がカトリックの総本山バチカンと和解をしたことなどから、少しずつオープンになっているようです。カトリック信者であっても、多くの人がベトナムに古くから伝わる儒教的な祖先崇拝などを今でも大切にしています。

■ そのほかの宗教について

北部や南部に多く住む少数民族は、それぞれに信仰する宗教がさまざまです。山地少数民族の多くは独自の「精霊崇拝」を持っています。中国から伝わった仏教や道教などが混然一体となった独自のものです。ヒンズー教徒やイスラム教徒も少なからず存在するほか、色々な宗教の要素を取り入れた新興宗教も存在しています。

2. ベトナムの慣習

■ 宗教との関わり方について

ベトナム人の宗教への関わり方は日本人と似ています。日本の家に仏壇や神棚があるように、ベトナムの家やお店や会社のオフィス等にも祭壇があります。

車やバイクに七福神や恵比寿さん等の神様の置物を置いたりステッカーを貼っている人も多いです。これは日本で車に交通安全のお守りを置いたりする感覚に近いです。

足繁く仏教寺院に通う人もなかにはいますが、日本人がお寺に行く頻度とあまり大差がありません。

クリスマスにはモールに大きなツリーやサンタクロースが出現したり、パーティーが開催される等、盛り上がっており、仏教的な文化が根幹にあっても様々な宗教を取り込むことが出来る国柄といえます。

■ 在住日本人が注意すべき点

ベトナムの文化は仏教の影響を多く受けていますが、他の宗教に対しても寛容です。そのため、日々の生活で気にするべきことは多くありませんが、それぞれの信仰に対してのリスペクトを持つ事は必要です。

お寺や教会等に行く際には、肌を露出し過ぎない、写真撮影禁止や土足禁止エリアに注意する、静かにする、など当たり前のマナーを守れば問題ありません。

お寺への参拝時には、日本の神社へ参拝する時のように両手を叩かないこと。指を揃えて長い線香を挟み、お祈りするように三度お辞儀をするのが流儀となっています。お寺でお祈りをする際に使用する線香は基本的に有料です。

日本同様に、新興宗教を信仰している人もおり、宗教および政治などの話は、よほど親しくない限りしないのがベターです。

3. ベトナムの祭日について

文化スポーツ観光省文化局の統計によれば、ベトナム全国では年間7,966件もの様々な祭りが開催されているとされていますが、大きな祭事は以下の通りです。

■ Vu Lanについて

旧暦の7月15日はVu Lanで、テト チュン グエンとも呼ばれます。中国由来で、当初は道教の行事でしたが、現在では「中元節=お盆」という認識です。道教で死者の犯した罪が赦される日とされており、これはベトナムでも同様です。親や先祖への日頃の感謝をする日でもあります。日本のお中元同様、日頃お世話になっている人にギフトを渡すのが習慣です。

一般家庭では食べ物や果物のお供えをします。熱心な仏教徒の家庭では、”あの世で祖先が快適に暮らせるよう、紙幣(紙製のおもちゃ)や服、靴などを燃やして向こうの世界に送っています。

寺院等に普段参拝しない人もこの時期は有名な寺院などに参拝に行く人が多いです。

■ Phat Danについて

旧暦の4月15日はPhat Danで、ブッダの生誕と悟りを祝います。Vesak/ウェーサーカ祭(ウエサク祭)とも呼ばれ、仏教においては年に一度の祭りですが、休日ではありません。ホーチミン市では、Nhieu Loc-Thi Nghe 運河に多くのランタンが飾られ、日本の灯篭流しのような雰囲気となります。

■ テトについて

ベトナムでは旧暦を使用した旧正月(テト)を祝います。テト前後は町全体がお祝いモードになる為、ビジネス全体が滞る傾向にあります。

家族や親戚で集まり、ご馳走を食べ、目上の人は子供にお年玉を渡す。家で雇っているお手伝いさん等にもテトボーナスとして給料一か月分ほど手渡します。

本来、先祖や祖父母を思い起こし、家族の結びつきを強める期間です。先祖に敬意を表し、墓を訪れ、健康と幸運を祈る機会であり、日本のお盆に近いものがあります。

テト初日に初めて家を訪れる人により、その年が良い年か悪い年かが決まると考えられています。よく笑う人、楽しい人が好まれ、暗い顔をした人が来るとその年はひどい年になってしまうと考えられている為、ベトナム人宅を訪れるときには気をつけましょう。家の主人の干支と訪れた人の干支の相性も大事にされます。

テトは休んで遊ぶ時とされ、特に始めの3日間は掃除、洗濯、アイロンがけ等はしてはいけません。

上下白の服装は葬式と同じで不吉とされ、テトで上下白の服装は厳禁です。(上下黒がいけないと言う人もいます。

大晦日は家族総出で家の掃除などの準備を行います。日本人だからテトは関係ないと、準備に参加しなかったりすると非難を受けやすいです。大晦日は仕事よりもテトの準備に参加する方が無難です。

4.その他の祭事について

クリスマスは宗教的祭事というよりは、日本のクリスマスの雰囲気に近いです。モール等でツリーが飾られてサンタが現れたり、子ども向けのおもちゃが沢山売られたりする程度です。

近年はハロウィンもありますが、日本同様に本来の宗教的な意味合いはほとんどありません。

 

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No25, Hoang Van Thu Road, Phan Dinh Phung Ward, Thai Nguyen City, Thai Nguyen Province

ハノイ支店: 2階 Simco Bld, No 28 Pham Hung St, Hanoi, Vietnam

電話:+84 24-7304-9788

ファックス:+84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:http://batimexhr.com.vn/ja/

ベトナムGDP、2割強拡大 統計改善し再集計 2010~17年~1人当たりでは3000ドル規模に

【ハノイ】ベトナムの統計総局は13日、2010~17年の国内総生産(GDP)統計を再集計した結果、GDPの規模が従来の統計に比べて平均で25%大きくなると発表した。企業活動の捕捉対象を広げるなどして統計を改善した。1人当たりGDPでは約3000ドルになり、フィリピンと同規模になる。

17年のGDPは従来の統計を26%上回り、2760億ドル(29兆8000億円)になった。10~17年の伸び率も平均で年0.3ポイントずつ高まる。18年以降についても再計算を進めており、上方修正される見通しだ。

ベトナムに初進出したユニクロの開店前には1000人の行列ができた(6日、ホーチミン市)

統計の精度向上は新興国共通の課題だが、社会主義国のベトナムの場合、市場経済への移行が遅れ、企業の実態把握も後手に回っていた。国際通貨基金(IMF)などの国際機関の協力を得て統計を改善し、再計算した結果、投資や最終消費などが大幅に膨らんだ。

17年時点の新たなGDPは2760億ドル。フィリピンの同3140億ドルとの差が縮小した。1人当たりのGDPでみると両国とも3000ドル弱でほぼ同水準になった。

1人当たりのGDPが3000ドルを超えると、人々の自動車や家電、家具などの購入意欲が急速に高まるといわれる。修正後の統計ではじくと、ベトナムの1人当たりのGDPは足元で3000ドルを超えた可能性が高い。内需拡大に弾みがつくシナリオも描ける。

みずほ総合研究所の松浦大将主任エコノミストは「外資系企業のベトナムへの評価が変わり、消費に近い企業の進出が加速するだろう」と語る。ベトナムでは複合企業最大手のビングループが6月に初の国産ブランド車を発売した。12月にはカジュアル衣料品店「ユニクロ」がホーチミン市に進出している。

ベトナムは公的債務の上限をGDPの65%に設定している。現在は60%に迫り、政府のインフラ投資の足かせになっていた。GDPが拡大したことで投資の拡大余地が生まれ、遅れ気味だった発電所や道路などの整備が進む可能性がある。

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No25, Hoang Van Thu Road, Phan Dinh Phung Ward, Thai Nguyen City, Thai Nguyen Province

ハノイ支店: 2階 Simco Bld, No 28 Pham Hung St, Hanoi, Vietnam

電話:+84 24-7304-9788

ファックス:+84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:http://batimexhr.com.vn/ja/

BATIMEX送り出し機関の日本向け人材派遣事業に関するファンページが益々効率的に運用されている

従来、BATIMEX人材派遣会社のファンページは2年近い運用して、数千のベトナム及び日本のお客様にオンラインサポートをしてきました。このファンページは、ベトナム人労働者及び日本企業・監理団体向け非常に役立つサポートシステムツールです。

ファンページの情報は以下の通りです。

名前:人材派遣株式会社 – Thai Nguyen 輸出入株式会社 – Batimex

リンク:https://www.facebook.com/BATIMEX.Official/

作成年:2017年

専門・言語・スキルを全面に教育されたスタッフ陣により、お客様のニーズを24時間以内に迅速かつ効率的に解決することが出来ます。なお、更なる自身に応じる他の需要があるなら、お客様に直接電話をし、それより、直接相談を行って、長期的な契約を結んだ多くの場合もありました。

 

Đội ngũ cán bộ chăm sóc khách hàng Công ty xuất khẩu lao động Batimex

昼夜を問わずサポートしているカスタマーケア部のスタッフ

 

オンラインのサポートシステムツールだけでなく、BATIMEXファンページもベトナム人労働者及び日本企業・監理団体向け効率的な手段の一つのようです。なぜなら、ファンページは技能実習生派遣事業やベトナム及び日本の景気、人材送り出し市場、日本の労働受注案件の情報、技能実習生の日本での生活、日本のベトナムへの投資傾向、BATIMEX社内ニュースなどを更新しているからです。

「お客様の満足が私達の喜び」という理念の基、弊社BATIMEX送り出し機関はこれからも更なるカスタマーサービスをの質を向上させ、ベトナム人労働者に良い受注案件を齎し、日本企業・監理団体に優秀な人材を送り出すことを、お客様にご約束いたします。

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

新元号「令和」、5月1日から=国書で初、万葉集由来-政府、6原案を提示

政府は1日の臨時閣議で、新たな元号を「令和(れいわ)」と決定した。5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせ、同日午前0時に元号が平成から改まる。現存する日本最古の歌集である「万葉集」が由来で、歌人の大伴旅人(おおとものたびと)の漢文から引用した。確認できる限り、日本の元号の典拠が日本古典(国書)となるのは初めて。

 

菅義偉官房長官が記者会見で、墨書された新元号を発表。安倍晋三首相も会見して談話を読み上げた。首相は「日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継ぎ、日本人がそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めた」と説明した。

「万葉集」の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす(しょしゅんのれいげつにして、きよくかぜやわらぎ、うめはきょうぜんのこをひらき、らんははいごのこうをかおらす)」を典拠とした。考案者は公表しない。政府は令和を含む六つの原案を提示したが、選に漏れた候補も明らかにしない。6案の由来の内訳は、国書と中国古典(漢籍)が半々とみられる。関係者によると、日本書紀を典拠とする案もあった。

 

新元号「令和」を発表する菅義偉官房長官

新元号「令和」を発表する菅義偉官房長官=1日午前、首相官邸

 

過去の元号に「令」の字が使われたことはなく、政府関係者によると「令和」が候補となったこともないとみられる。新元号は645年の「大化」以来248番目。これまで日本の元号の由来は確認できる限り全て漢籍だった。

 

政府は3月14日、国文学、漢文学などを専門とする複数の学者に新元号の考案を正式に依頼。菅長官が六つの原案に絞り込み、有識者による「元号に関する懇談会」と衆参両院正副議長に相次ぎ提示し、意見を聴いた。全閣僚会議で首相に一任し、臨時閣議で新元号を定める政令を決定した。政府関係者によると、令和への異論は出なかった。

 

発表直前に天皇陛下と皇太子さまに伝えられた。政令は直ちに陛下が署名して官報に掲載、公布された。5月1日に施行される。
改元は、憲政史上初めてとなる天皇退位に伴うもの。国民生活への影響を最小限に抑える観点から、改元1カ月前に発表した。1989年1月から始まった平成は、4月30日の陛下の退位とともに幕を閉じる。

 

出典:https://www.jiji.com/sp/article?k=2019040100783&g=pol

 

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

キム委員長陸路ベトナムへ

キム委員長は26日、北朝鮮の最高指導者として55年ぶりにベトナムを訪問しました。北朝鮮の最高指導者がベトナムを訪れるのは、キム委員長の祖父、キム・イルソン(金日成)主席が1964年に首都ハノイでホー・チ・ミン主席と会談して以来55年ぶりです。キム委員長を乗せた専用列車は今月23日、ピョンヤンを出発し、中国の天津、内陸部の武漢や長沙などを経て南下してきました。

では、この訪問の詳しくはどのようでしょう。BATIMEX送り出し機関と一緒に調べてみましょう。

 

キム委員長陸路ベトナムへ

 

 

キム委員長としては、キム主席が1958年に初めてベトナムを訪問した際、中国南部までは列車で移動したことから、同じように列車で祖父の足跡をたどることで、みずからの権威を高める思惑もありそうです。

専用列車は26日午前中に国境を越えてベトナムに入り、8時15分に北部のドンダン駅に到着しました。

ドンダン駅からハノイに通じる道路は現地時間の26日午前6時から午後2時まで全面的に通行止めになると伝えられ、キム委員長が専用車に乗り換えてハノイへ向かっています。

 

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

BATIMEX 2018年の業績を振り返る

 

「ベトナム送り出し機関トップ」の一つである、BATIMEXは2018年度中も、お客様から多大の信頼を頂いて参りました。合格実習生数が前年度比の1.6倍に増え、御来社いただいた日本企業・監理団体数が1.6倍に増加したことから、2018年はBATIMEX発展の年であったと言えるでしょう。このような成功をおさめることができたのは、皆様のご贔屓に加えBATIMEX全社員の努力の結果にほかなりません。

 

そして、信頼の厚いパートナーになれるように、これからも努力して参ります。日本企業・組合様とベトナム人労働者の架け橋として、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

1合格実習生数

2018年に於いて、合格実習生数は前年と比べ160%に増えました。また、実習生の質も日本企業・監理団体様から高く評判して頂きました。

 

2受注案件数

2018年、BATIMEXはいくつもの大きい受注案件を頂きましたが、そのうち、200人単位の受注もありました。

 

3ご来社下さった日本企業・監理団体数

2018年に来社下さった日本企業・監理団体の数は2017年に比べ160%に増えました。各日本企業・監理団体様がBATIMEXの研修センターを視察なさる際、研修設備・施設を見学されると同時に、実習生の日本語能力・技能も直接ご覧いただきました。その結果、BATIMEXの実習生の質を常に高く評価してくださり、弊社への信頼を増し加えて下さいました。

 

4ートナー数

実習生の高い質及び弊社のきめ細かなカスタマーサービスにより、お客様から益々の信頼をいただきました。そのため、2018年のパートナー数は前年と比べ160%に増えました。

 

5.社員数

2018年には、社員の数と質の両面が向上しました。また、24時間年中無休のカスタマーサポートや迅速な対応を提供するために、駐在員を日本の各地に配置し待機させています。現在、日本の駐在員数は40名を数え、前年と比べ1.3%の増加となりました。

 

6.研修センターでの課外活動の催し物

実習生の質を向上させるために、教育以外にも日本フェスティバルや、日本語のカラオケ大会、運動会などいろいろな課外活動を前年より更に増やしました。それにより、日本語能力を伸ばすだけでなく、日本文化の知識も増やすことができ、実習生たちの連帯感も強くなりました。

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

華の都市ダラット

ダラットはタイグエン地方ラムヴィエン高原に位置するラムドン省の観光地として知られています。ここは首都ハノイから約1,481キロ離れており、ハノイのノイバイ空港からダラット空港まで飛行機で1時40分ほどかかります。標高1,475メートルの街ですので、一年を通して涼しく、とても過ごしやすくて、いつも花が一杯咲いています。それで「華の都市」と言われています。ここダラットに来ると、朝は春、昼は夏になり、夕暮れは秋、夜は冬になる、と言った具合に四つの季節を一日の内に経験することができます。

ダラットに来たことのない人にとって、興味が湧いてくるのではありませんか。さて、私たちBATIMEXと一緒に足を運んでみませんか。

オススメスポット:

 

1. スアンフオン湖

 

スアンフオン湖はダラット町の中心にあり、「町の心」と呼ばれています。湖畔に松林、芝生、花園があり、早朝と夕方には、湖畔をジョギングしたりサイクリングをしたり、スワンボートに乗ったりする人々の姿をよく見ます。ここには、タイン・トゥイ、トゥイ・タ、ビック・カウなど、多くの素敵なレストランがあります。涼しい夕方などにそれらのレストランの一つに立ち寄って、静かに流れてゆく時に身を任せながら、ホットコーヒーを飲み、美しく静かな絶景を楽しむというのはいかがでしょうか。

 

2.ダラット師範短期大学

 

この大学の校舎はモンセというフランス人の建築家によって設計され、国際建築家連合(UIA)による20世紀のユニークな建築物1000件の一つに選ばれました。校庭がかなり広く、学校全体の形状が曲線を描き、建物はヨーロッパの中世様式で設計されています。この建築物の設計理念は「知識は頂点へ向かう」というもので、それを象徴するものが高くそびえる鐘楼です。これらの建物群は、オレンジ色のレンガで作られ、青い空、緑の木など周りの自然に映えて、まるで一枚の絵を見る様です。きっと忘れられない風景になることでしょう。午後4時からは自由に観光することができます。

 

 

3.ダラット駅

 

ダラット駅はスアンフーン湖沿いを走ると見えてくる、西洋風の建物です。ダラット市場周辺から向かうのであれば、タクシーがオススメです。三角屋根が3つ並んだ、まるでスイスにでもあるような駅で、インドシナ半島で最も古くてユニークな駅の一つと言われています。切符売り場や待合室も昔の西洋風の造りで洒落た雰囲気を醸しています。そして、見ものはやはり蒸気機関車です。ダラット駅は1932年にフランス人の建築家によって作られました。因みに、ここはベトナム文化・情報庁によって国家歴史文化遺跡となることが決まっています。

 

4.ダラットのナイトマーケット(通称霊界市場)

 

ダラットのナイトマーケット(霊界市場とも呼ばれています)は夜の素敵なところと言われています。霊界という市場の名前を聞くだけですごく好奇心がそそられると思いませんか。市場は午後6時から翌日午前3~4時にかけて開かれます。ダラット市場では毛織物、骨董品、それに桑の実ジュース、アーティチョーク茶、干物、ジャム、ライマメなどが売られています。夜、ここをゆっくり歩き周りながら、焼イモ、ダラットのピザと呼ばれるバインチャンヌン、串焼きなどを楽しむのは愉快です。

因みに、注意することは値段を知らない場合、高い値段で買わされることがあるので、欲しいものが決まっているなら、市場に行く前に値段を調べて行った方がいいと思います。

 

 

 

5.愛の盆地

 

ベトナムのカップルにとってダラット旅行中に外せない場所はダティエン湖、別名「愛の盆地」とも呼ばれていて若いカップルの憩いの場所として愛されています。この湖の手前には小高い丘があり、愛にゆかりのある石造りのモニュメント、ハートを模(かたど)ったモニュメント、石畳等があります。まさにカップル向けの観光スポットです。そして丘を下ると目前に広がっているのがダティエン湖。スワンボートがあり、周囲では乗馬体験、カップル用の二人乗り自転車などを楽しむことができます。

 

6.ランビアン山

 

ロメオとジュリエットのベトナム版で男のランと娘ビアンのランビアン伝説発祥の山としてベトナム人の間では広く知られています。麓にはその二人の石像もあり、傍の石碑にランビアン伝説が記載されています。ランビアン像がある山の頂上まではジープで行くことができますが、それ以降、山頂を目指す方は徒歩となります。山頂から金の小川、銀の小川が流れ出しています。そして、ダラット町の全景を見ることができ、雲の中にいるようです。また、この周辺には少数民族のコホ族が住んでいるため、麓でコホ族の作る民芸品を購入することもできます。

 

 

7.霊福寺(別名ヴィチャイ寺)

 

派手な外観であり、緻密な紋様が施された寺院です。お寺の庭には12,000本の空き瓶で作られた49メートルの竜の像があるということで、ヴィチャイ寺(空き瓶寺)とも呼ばれています。壁や寺の屋上は瀬戸物の小片でモザイクになっています。中には、60万本のムギワラギクの花で造られた世界最大の観世音菩薩の像があり、アジアの記録的な造形物として知られています。また、お寺には、様々な仏像などのベトナムの記録的な造形物として知られている物がたくさん残っています。

 

 

8.ポンガ滝

 

視界一面に何段も折り重なる岩棚を幾筋もの水が流れ落ちる滝を見られるのは、ベトナム中南部にある高原地帯の山中にあるポンガの滝で、フランス人に「一番美しい滝」と呼ばれたことがあります。この滝は七つの段がありますので、「七段の滝」とも呼ばれています。ここへ行く道は花が一杯咲いていて、とても美しくて静かです。雨期には豪快に流れ落ちるスケールの大きい滝になり、乾期には段々に白い筋となって流れる穏やかで優美な滝となります、季節によって違った表情を見せますが、どれも忘れることのできない景色です。

 

 

上記のスポットの他に、ダタンラ滝、ダラット大教会、ダラット市ガーデン、クレイジーハウス、ダタンラ滝、XQ刺繍センターなどいろいろ観光地がまだまだあります。迷っているようならば先延ばししないでください。スーツケースを持って我々BATIMEXと一緒にまずダラットに足を運んでみましょう。

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

ベトナムの正月料理

ベトナム人にとって、テト(ベトナムの正月)は一年間で一番長くて、最も大切な祝祭日です。テトは旧暦に基づいていますので、毎年一定ではなく、日にちが変わりますが大体1月後半から2月半ばまでの間にあり、日本のお正月よりも一ヶ月ほど遅いです。因みに、今年2019年のテトは2月5日に当たります。

ベトナム人にとって、テトは家族が集まり、過ぎゆく歳を振り返り、来る年の事業成功や健康を祈り、いろいろな祝い事をするときです。そして子や孫が年長者に感謝の気持ちを伝える時期でもあります。それらは、家の飾り方や新年の行事を始め、料理にも表れます。正月料理は普段からあるベトナムの食べ物、飲み物だけでなく、東アジア共通の文化も反映しています。

 

 

正月料理に見られる統一性や多様性

 

ベトナムは54民族がいる多民族国家として知られていますので、正月料理もそれぞれの文化的特徴が見られる多様なものとなっています。実にいろいろな料理があり、それに作り方も様々ですが、全ての料理はベトナムの伝統的な文化を保っています。それで、統一性もあり、独特な多様性にも富んでいると言えるでしょう。

ベトナムの北から南へ沿って行くと、大きく分けて北部・中部・南部の3地域でのユニークなお正月料理を見ることができます。北部は煮込んだお肉の煮こごり、茹で鶏肉、ベトナム風ハム、シナモンのハム、バイン・チュン(北部のちまき)、タケノコスープなどがあり、中部は漬物、バイン・テト(南部のちまき)、牛肉のハム、豚肉のヌクマム漬けなどがあり、南部はニガウリの肉詰めスープ、鶏肉のココナッツミルク煮、モヤシの漬物、ラッキョウ、ソーセージなどがあります。こうした多種多様な料理は各地の風土から生まれたものです。

しかしながら、ベトナムの正月料理には統一性も見られます。例えば、緑と赤は富と幸運を象徴する正月の色です。他にも、食卓には4つの季節のシンボルである4つの料理、または「万富」のシンボルである6~8つの料理があるのが一般的です。また、正月料理の統一性は「マムグークア」にも表れています。「マムグークア」とは、五行(木、火、土、金、水、これらが万物の基礎であるという中国からの思想)を表す五種類の果物が載せられている大皿で、各家族で祖先へ捧げられるお供え物です。つまり、ベトナムの正月料理には繁栄、幸運、それに年長者、祖先への感謝や尊敬を子や孫が表すという意味が込められています。

それぞれの地域での特徴

 

先に説明した通りに多種多様な地域風土に従って、それぞれの地域で正月料理が違います。これから、少し詳しく紹介したいと思います。

北部

1. バインチュン:大昔からの伝統的な粽であり、お正月の食卓に欠かせないものです。バイン・チュンは「大地」の象徴で、柔らかいもち米・甘い緑豆・辛い胡椒・こってりした豚肉を混ぜ合わせたものです。それをラーゾンという緑の葉で正方形に包みますと、「テトの味」ができあがります。

 

バインチュン

 

2.太ネギの漬物:テトの2週間くらい前から水と酢、砂糖で漬けた太ネギは、お正月の欠かせない一品です。太ネギの漬物はちょっと辛くて、一般的に、バイン・チュンや豚肉の煮込みなどと一緒に食べます。テトの料理に飽きてしまわないように工夫された料理の一つです。

 

3.ベトナム風ハム:「家族が幸せになり、万事が順調で、富が一杯に」という意味を持っている料理です。豚の挽き肉を、バナナの葉で包み、茹でたものです。これは単に料理というだけではなくて、お正月の贈り物としても使われます。

 

ベトナム風ハム

 

4.揚げ春巻き:お正月に不可欠な伝統料理の一つです。外は黄色のライスペーパー、中はひき肉、きくらげ、椎茸、人参、モヤシが入っています。

 

中部

1.バイン・テト:北部の粽はバイン・チュンですが、南部の粽(ちまき)は「天地の集合」という意味があるバイン・テトです。材料などはバイン・チュンと大体同じですが、包む葉と形が違います。バイン・テトはバナナの葉で包んだ直径10センチほどの丸くて長い筒状のものです。

 

バイン・テト

 

2.ミックスされた漬物:大根、人参、胡瓜、パパイヤ、ラッキョウなどのいろいろ材料をミックスして漬けたものです。輪切りにされた柔らかいバイン・テトとちょっと酸っぱい漬物を一緒に食べると、お互いに味を引き立て会い美味しさが倍増します。

 

3.豚肉のヌクマム漬け:豚肉あるいは牛肉をナンプラーと砂糖で漬け込んだものです。この料理は塩辛いですが甘味もあり、普通はいろいろミックスされた漬物、ラッキョウ、生野菜などと一緒に食べます。

 

4.酸っぱいエビ:中部の正月料理として欠かせない一品で、フエ省の特産です。エビの甘さ、肉の脂っこさ、タイ生姜と唐辛子の辛さ、スターフルーツの酸っぱさ、イチジクの渋さ、それに様々なハーブのよい香りなどが良く調和しています。一度食べたら一生忘れられない魅力的な料理です。

 

酸っぱいエビ

 

南部

1.バイン・テト:中部と同じ、南部もバイン・テトがありますが、選ぶ楽しみがあります。と言うのも塩辛いバイン・テトと甘いバイン・テト、という二つの種類があるからです。塩辛いバイン・テトは、中が豆と豚肉に加えて、卵、ソーセージも入っています。また、甘いバイン・テトは、中にバナナ、あずき、緑豆が入っています。

 

バイン・テト

 

2.鶏肉のココナッツミルク煮:大変人気のある伝統料理であり、お正月にはたくさん作られ、何度も煮込みながら少しずつ 食べていきます。漬物と一緒に食べると、もっと美味しくいただけます。

 

鶏肉のココナッツミルク煮

 

3.ラッキョウの漬物:南部の人々はよくバイン・テトと一緒に食べます。酸っぱくて甘いラッキョウの漬物をエビと合わせ、砂糖を振りかけて食べるのがオススメです。

 

4.ニガウリの肉詰めのスープ:普段から食べている料理ですが、お正月に食べるのは、健康を願って験を担ぐ意味もあります。

 

ニガウリの肉詰めのスープ

 

どんなに忙しくてもどんなに遠くで働いていても、お正月になると、みんな実家に戻って、家族と一緒にお正月を準備し、楽しく新年を迎えます。そして、それぞれの家族が暖かい雰囲気の中で食卓に集まるイメージはいつまでも印象に残ります。機会があれば、ベトナムでお正月を迎えてみてはいかがでしょうか。他では味わえない素敵な経験になりますよ!

 

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/

日越友好関係のシンボルである在ベトナム日本建造物10選

 

日本は世界中でも有数の先進国に数えられており、インフラ・テクノロジーが非常に高いと言われています。近年、日本とベトナムにおける戦略的かつ友好的な関係の飛躍的な発展に伴って、多くのODA案件に基づき、日本はベトナム全国で様々な建設事業を行いました。

 

では、これらの建築物はどこにあるのでしょうか。さて、BATIMEXと一緒に日越友好関係のシンボルである在ベトナム日本建造物10選を見てみましょう。

 

1. ニャッタン橋(ハノイ、開通:2015年)

全長8.9キロ、ベトナムにある一番長い斜張橋の一つ

 

 

 

2. ノイバイ国際空港第二ターミナル(ハノイ、完成:2015年)

面積139,216 m2、ベトナムで一番広く、旅客処理能力が高いため、「アジアの空港トップ30」に入った空港

 

 

 

3. ノイバイ国際空港∼ニャタン橋間連絡道路(ハノイ、開通:2015年)

全長12km、6車線を持つ幅員32mの本線と2車線幅員7.5mの側道で構成される道路

 

 

 

4. タンソンニャット国際空港(ホーチミン市、完成:2007年)

面積92,290 m2、面積と旅客処理能力の両面はノイバイ国際空港に次いで第二位、利用者数は第一位の空港

 

 

 

5.タンブー・ラックフェン高速道路(ハイフォン省、開通:2017年)

全長15.63km(その内、5.4kmの海上橋があり、ベトナムで最長の海上橋)

 

 

 

6.マイジック・ファップヴァン高速道路(ハノイ、開通年:2012年)

全長8,912km、ベトナムで初めての高速道路

 

 

 

7.カントー橋(カントー省、開通:2010年)

全長15.8km、東南アジアで最長の斜張橋(開通時点)

 

 

 

8.ハイヴァントンネル(フェ省∼ダナン省、開通:2005年)

全長6.28km、東南アジアで最長のトンネル(開通時点)

 

 

 

9.タインチー橋(ハノイ、開通:2007年)

全長12.8km、プレストレスト鉄筋コンクリート橋

 

 

 

10.バイチャイ橋(クアンニン県、開通:2006年)

全長903m、ベトナムで初めての一面吊り斜張橋

 

 

 

 

BATIMEX人材派遣会社は優秀な技能実習生を送り出しております。ご相談・ご意見があればご気軽にお問い合わせください。


THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

本社: No.25, Hoang Van Thu st., Phan Dinh Phung ward, Thai Nguyen city, Thai Nguyen province, Vietnam

ハノイ支店: 2F, Simco building, No 28 Pham Hung st., Hanoi, Vietnam

電話: +84 24-7304-9788

ファックス: +84 24-3212-3682

Eメール: Japan@batimexhr.com.vn

ウェブサイト:www.batimexhr.com.vn/ja/