THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

日本企業、投資家からベトナムへの投資が増加 まさに今が投資の好機、アジアの変貌とは

ベトナムへの投資の魅力とは

正式名称をベトナム社会主義共和国、アセアン諸国の中で唯一の社会主義共和国として成長を遂げている。中には、共産党一党制という面から共産主義との声も挙げられるが、依然として社会主義としての認知が勝っている。近年、若者が海外へ働きに行く傾向、ホーチミンを中心に外資系企業の進出、食品関連業の進出が活発となっています。本来、子の場合、外資の流入、昔ながらの伝統が崩れることへの懸念から少なからず規制があり、認められた分野しか進出が出来ない状況がございました。しかし、近年の経済成長、ニーズの変化などから規制が緩和しつつあり、日本のコンビニ業界、デパートなどがホーチミンを中心に進出が進んでおります。

その背景にはべトナムは市場経済化と国際経済への統合を推進しており、2007年1月にWTOに正式加盟を果たした。その後も、各国・地域とのFTA/EPA締結を進めており、TPP交渉にも参加するなど国際社会との関わりが非常に強くなっていることが各国からの投資を強めていると考えられています。

日本企業、政府の動き

これを好機と捉え、日本企業、投資家のベトナムに対する進出、ベトナム企業への投資、合弁企業の設立などが早まっています。また、日本企業の53%以上の中小企業は経営計画にベトナム進出による生産性の向上、人件費の削減、グローバル化を目的とし、ベトナムを挙げています。

2017年6月ベトナム首相グエン・スアン・フックさんの日本の正式訪問並びにG7伊勢志摩サミット・アウトリーチ会合出席は日越関係を一段深め、両国の投資界に対して投資する機会が広まっています。訪日に合わせて、東京で再開したベトナム投資カンファレンス」およびビジネス交流会で、日本での200社の有力な企業がベトナムに気軽に経営するために正直に日本のトップ企業200企業家と話し合いました。特に、車製造工業、裾野産業、ハイテック農業に活躍している企業からベトナムへの投資に期待を寄せていると発表がありました。

Thu tuong Nguyen Xuan Phuc bat tay chu tich Lien doan Kinh te Nhat Bản

グエン・スアン・フク首相と日本経済団体連合会長の間の握手

日本企業が投資する6分野を歓迎

フック首相は「日本の企業や投資ファンドが、ベトナムの優先的投資の6業種案件への参画を検討するよう希望する。優先的投資6業種案件は電子産業、農産・水産加工、環境とエネルギー節約、工業機械、など多岐にわたる」と強調した

今後、5年~10年におけるベトナム国内での変貌において、フック首相があげられた分野は重要項目であり、日本の技術力、投資(合弁企業としての進出も含む)には非常に期待を寄せていることが分かる。

ところで、ベトナムは日本の企業に対して魅力的な要素があります。その典型は農業です。日本はハイテックを有するが、農業をしている労働人口が少なく、4%だけ占めます。一方、ベトナムの農家は人口の70%を超えます。それで、日本の技術とベトナムの労働力を協力したら、品質が高いものが製造することができるといわれます。さらに、日本国内における労働プッレシャーの下、消費者の需要に対応するため、農業において外国に進出して、競争力を上げて新たな道を探すべきです。他の面では日本は元に農業のため優勢的な要素が多くないから、日本の企業は天然が便利な国に進出します。ベトナムは適合の相手です。実際にベトナムのダラットに野菜・果物の栽培を投資し、最初の一歩成功しました。

 

 5

 多くの日本の投資家のベトナム経済に対する関心度が向上

グエン・スアン・フック首相が訪日する直前、公表した日経新聞による調査によりますと、ベトナムは日本企業のASEANにおける進出先として第一の選択です。日本企業の53%以上、大分が中小企業は経営計画にベトナムという名前が記載し、2005年に比べたら、約5%増加しました。

ところが、中小企業がベトナムへ投資する傾向が高まりますが、ベトナムの投資環境について次のように大きな支障があります。一つ目は労働者の最低賃金が高くなっているので、ベトナムの労働賃金の競争力が下がっていることです。二つ目は行政の手続きは複雑ので、問題が若干に発生することです。三つ目はベトナム現地で原料、部品の収得が難しく、威信のある供給会社を探すのに困っていることです。

実際に、ベトナム政府は日本企業の投資を誘致するために、以上の問題を解決する対策をじゃんじゃん出しています。政府はベトナムで外国企業が製造経営、平等な競争、成功を収める便利で明白な投資・経営環境作りを集中しています。2016年度に国際公認経営コンサルティング協議会の認定によって国際経営経営開始時間、投資者保護、クレジット・インデックスへのアクセス指数についてはASEAN-4の平均レベルを目指しています。企業法・投資法を緩和して、経済の各成分の発展のためいい環境づくり、政府の投資政策に外国企業か内国企業か差別しないことを改革しています。