THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

企業と技能実習生の家族間の親密感を強化する面会

 

企業と技能実習生の家族間の親密感を強化する面会 (1)

さ2017年5月初旬、ある会議室で行われた説明会の様子を収めた一枚の写真。一つの思いと複数の思いが一つになった証拠です。2017年現在、数多くのベトナム人若者が技術学習を目的とする技能実習プログラムを通して日本に渡航しています。

しかし、現実は課題が山積みとなり、不正との戦いもしばしば行われているのはテレビでも放映されておりご周知のことかと存じます。では、その不正や問題を防ぐ最大のポイントとは何でしょうか。それは家族の協力と情報の多さです。私たちが海外へ行くとき、海外で働くとき、日本国内で働くとき、多くの情報を収集し、また収集するために就職セミナーやその場所に言った人にインターネットや直接会うなどして収集するかと思います。その最大の目的は理想と現実の狭間で悩み、結果、悪い方向に向かないことを防止するためだと考えております。

今回、2017年5月に、Thai Nguyen輸出乳株式会社(BATIMEX)は静岡県にあるキノコ栽培会社と来る今年の8月渡航する予定のある技能実習生達、家族、日本で働いている技能実習生の家族の間で面談が行われ、多くの情報交換を実施致しました。

恐らく「そうですか」「なんでだろう」「当たり前でしょ」とお考えの方も多いかと存じます。この一歩は非常に重要なことであることもご存知頂きたく存じます。そして、この大きな一歩を無駄な一歩と考えてしまう現実があることもご存知頂きたいです。だからこそ、弊社では常に家族との協力、企業VS送り出し機関VS実習生の家族のトライアングルで協力を行い、実習生を育成しております。

面会の冒頭に社長は映像を通して、技能実習生が勤務することとなる、キノコ工場について説明をされました。どんな思いを胸に日本へ来るのか、企業はどんな思いで、この日を迎えたのか、全ての思いが詰まった映像でございました。

静岡県でキノコ栽培を働いている動画

 

映像の通り、日本で働いている技能実習生が日本の生活についてたくさん話しました。さらに、離れている家族にはメッセージーで伝え安心感を作ったそうです。

「こっちに行く方々へ、ここにいるベトナム人が多いので、着いたら、生活、仕事について分からないことがあったら、教えてもらうから、安心して元気でね!ここで働く期間でいい思い出がいっぱいできますよ!」とテゥーさん・一年間企業で経験した技能実習生が語りました。

次ぎまして、ハウさんの小さな家族にメッセンジー届けを聞いた時だれでも感動してしまいました。「私の大好きな家族、久しぶり!あなた、私のかわいい娘!とても恋しいよ!ここでの生活はとてもいいよ、心配しないでね!日本人の社長は優しくて、家族のように扱われているよ。だから心配しないでね。二人ね、安心して真面目に勉強を頑張って、お母さんも真面目に仕事を頑張るから、早く会えるからね。後に、技能実習生へ、頑張って、日本に渡航したら、ここの生活、仕事環境に早くなれると信じていますよ。また会いましょう」とハウさんは言いました。感想したのはハウさんのあらゆる感情、家族のために、自分の子供達の勉強を充実するために故郷を離れて、外国で働いているからです。

ハウさんの伝言に対応したのは夫さんの喜び、彼は幸せな涙が溢れました。自分の久しぶりの奥さんに会えて、言葉になれない感情で感動しました。落ち着いた時、彼は次のようにシェリングしました。「この面会を行ってくれて本当にありがとうございます。妻の元気で、楽しそうで、工場で皆と笑顔で一所懸命働いている姿が見えて、安心しました。そんないい所で働けるのは幸いなことです。後1年間家族は集合して、一緒に子供達の明るい将来を築きます。これからも企業様、会社様、よろしくお願いいたします」。

日本の受け入れ機関は他の国の機関とは違って、労働者の生活面、職業、精神面を配慮します。雇用する労働者の生活にもちろん、ベトナムでの労働者の家族状況に至るまで関心が深まって、困難な時に手を出すことを躊躇わないのです。これはは台湾や韓国、中東などで外国人労働者に対する珍しい待遇制度です。

 

企業と技能実習生の家族間の親密感を強化する面会 (2)

ベトナム人技能実習生の家族は日本の会社社長に感謝気持ちを込めるプレゼントを

渡した背景

 

面会で会社社長は会社の工場で働いている期間にベトナム人技能実習生の努力、熱心さのためほめ言葉をくださいました。同時に、実習生の家族に自分の身近な人を日本へ行かせる時に安心して、会社を信じて、日本で安定的な生活を整えておきますから。

会社の歓迎に答え、来る8月に渡航予定の技能実習生からの約束です。

企業と技能実習生の家族間の親密感を強化する面会 (3)

ホアン・クーインさん、技能実習生

 

「日本でいる技能実習生の生活が知られて、とてもうれしいです。日本に渡航する時職場環境、同僚達に早くなれるよう、自ら一所懸命勉強します。来日してからましに働いて、家族の経済面を負いたいと思います」とホアン・クーインさんは語りました。

面会は企業と技能実習生の家族間の親密感が固まると閉められました。その後、企業の社長はBatimexと技能実習生送り出しについて会議をしました。

 

他のニュースをもっと見る