THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

ベトナムは何という国

 

ベトナムは何という国 (3)

ベトナムは特色な国といえる。なぜかというと、次のような理由からである。面積といえば広くないが、地形が多様で、天然資源豊富であり、それに伝統的な風俗・習慣などが多い国である。さらに、各民族の生活や言語、飲食などが様々である。

ベトナムは何という国 (2)

ベトナム人は何千年もの歴史があり、54の友好関係のある民族からなっているということを誇っている。シナ海に隣接し、S字の形をした国であり、北部―中部―南部それぞれの文化が異なるが、共通点がないわけではなく、格相違点から集まり、ベトナムいうの国になる。それらからこそベトナムという国は特色な魅力を持っているわけなのである。

 

綺麗な景色や魅力的なビーチと豊富で伝統的な飲食以外、ベトナム人のイメージが平易に出よく知られているようになった。ベトナム人はオープンで、フレンドリーであり、勤勉で楽しむのであるとよく言われている。さらに、誠意で、地味であり、助け合う姿がよく見られている。それで、やわらかく、曲がれるが、倒れない竹のように強いのである。

ベトナムは何という国 (1)

ベトナムの神聖なシンポルがはすであるのは偶然ではないだろう。花の生涯を観察すると、枯れようと見えるが、よく見ると、花が自身で地面に傾いているのである。これはベトナムのように活力が強く、新たな生活が始まようとしているのである。

ベトナムの観光地をもっと見る