THAI NGUYEN輸出入株式会社(BATIMEX)

《地方自治体との確固たる協力体制》ベトナムのテゥエン・クアン県 日本人財派遣業についての勉強会を開催の開催

 

1992年以降、ベトナム社会主義共和国は各国と数多くのビジネスを展開しています。現在も継続して外資の誘致を行うなどして都市開発に力を入れています。その結果、最近20年間、アジア諸国の中でも随一の好調を見せるなどの安定感。人財に対する評価も高く、各外資がベトナムに進出をしています。その影響等を含め、海外に出稼ぎに出る若者、中高年齢層が急増。急増と共に、それを担当する人材派遣会社も急増。しかし、内部事情を把握することが成長に追いつかず、一部では全任せということが発生しています。

 

それらは全て、大きな問題の予兆であり、危惧すべきことと考えております。その為、海外人財派遣業で先頭を走るThai  Nguyên輸出入株式会社(BATIMEX)に白羽の矢が立ち、定期的に講演会、勉強会を開催しております。

 

近々でございますと、先日、ベトナムの、テゥエン・クアン省、ソン・ズオン郡において「日本人財派遣事業とは」をテーマにセミナーを実施いたしました。そのセミナーには省幹部、関係各機関の方々が参加され、様々な意見交換等が行われました。

 

現在、ベトナム国内では都市部に投資ではなく、地方都市への投資が非常に左官となっており、今後の経済の変化に合わせた開催となりました。

 

ベトナムのテゥエン・クアン県における「日本人材派遣事業についてのセミナルー」の開催 (1)

テゥエン・クアン省における「日本人材派遣事業についてのセミナルー」の風景

 

会議ではソン・ズオン郡における自治団体の方々、労働傷病兵社会部の方々、さらに労働者100名が出席しました。労働者は会議の情報に対して希望に燃えそうにしました。会議の開幕の折、BATIMEX会社の代表者・グエン・タン・フオンさんは日本人材送り出し機関の縫製、海産、農業、建設、工業という業種のプログラムの総監について発表しました。

ベトナムのテゥエン・クアン県における「日本人材派遣事業についてのセミナルー」の開催 (2)

セミナルーでグエン・テャン・フオンさんの発表

 

本会議で、人材送り出し機関BATIMEXの社員は労働者に海外人材派遣事業に参加する時、学歴や健康、利益、給料などについて諮問しまた。その同時に、BATIMEXは日本に渡航する時、言語能力、仕事に対するマナー、意識などのベトナム人のリミット面を指摘しました。ところが、コミュニケーションが良く、仕事に対するマナー、意識が高い人物こそ日本の企業様、組合様が期待しているのです。それで優秀な人材を巣出すために、BATIMEXでは言語、意識、マナーを中心として人材を育てます。それにもかかわらず、労働者が自分自身で将来のために努力することの大切さがわかっていただくことを主張しました。

このセミナルーがテゥエン・クアン省、ソン・ズオン郡の労働者にいろいろな役に立つ情報を届けることができて、弊社の喜びです。それとセミナルーが自治団体とBATIMEX人材派遣会社の間に良好な関係を結ぶ機会となりました。BATIMEXは労働者に職場環境が良く、収入が高い依頼状を提供することを約束しました。そのはソン・ズオン郡の労働者との約束だけじゃなく、日本で働く希望を持っているベトナム全国の労働者と約束しております。

 

関連記事

地方自治体からの信頼が大きな力となってBatimexを大きくする